各装置に共通する原理はボトル内部の空気を窒素やアルゴンガスなどの不活性ガスに入れ替えることにより、酸素比率を減少させ、酸化を抑制する仕組みです。

大きな違いは(1)温度コントロール機能のありなし、(2)空気を巻き込みサーブする機能のありなし、(3)不活性ガスの純度による酸化抑制能力がそれぞれ異なります。

WINE dispenser